スキンケアの基礎


あなたは正しいスキンケアをしていますか?

いつのまにか毎日のスキンケアが流れ作業になっていませんか。 仕事や忙しかったり、育児で疲れていたり、年を取ってしまったからなどを理由に、 スキンケアを怠ったり手を抜く人もいることでしょう。

そんな毎日何分もスキンケアに手をかけられない!という人もいるでしょう。 しかし、毎日の何気ないケアが、将来の自分の肌を作ると聞くと、ちょっと怖い気がしてきませんか。 まず、洗顔です。

汚れを落とすためにゴシゴシ洗いがちですが、それは間違っています。

お肌はとてもデリケートなので、ゴシゴシこすってはいけません。 自分のお肌に合った洗顔料を十分に泡立てて、マッサージするようにやさしく洗うのがコツです。

そして洗顔料をきちんと洗い流すことも大切です。

洗顔後も、タオルで強く拭かずに、そっと拭きましょう。 そのあとは保湿です。化粧水や乳液、クリームなどをたっぷりお肌に浸透させましょう。

また、顔だけでなく、体もスキンケアが必要です。 腕やすねがカサカサしたり、かかとがひび割れたり、手が荒れていたり、背中にニキビが出来ていたり、 そんな経験はありませんか。

カサカサしている乾燥は保湿が必要な状態ですので、お休み前にたっぷり保湿をしましょう。

また、背中のニキビは、もしかするとお風呂できちんと洗えていないのかもしれませんし、 石鹸やボディーソープが肌に合わなかったり、ちゃんと流せていないのかもしれません。

ゴシゴシこすらずに、やさしく清潔に洗いましょう。 気になったいつまでも放置したままにせず、皮膚科を受診しましょう。 毎日の正しいスキンケアで、キレイな肌を保ちましょう。