ビタミンCの働きとは(メラニン色素の生成を抑制)


昔からお肌にはビタミンCが良いとされてきました。

日焼けをしてしまったあとに、積極的にビタミンCのドリンクを飲んだり、タブレットを食べたりしたものです。
日焼け=ビタミンCという公式が成り立っていました。

しかし、なぜビタミンCが肌にとって良いのか、あまり深く考えたことはなかったように思います。

お肌に良いとされるこのビタミンCの働きを、あなたはご存知でしょうか。

しみやくすみは、メラニン色素のせいで発生してしまいます。
紫外線を浴びることによって、メラニン色素が生成されてしまうのです。

このメラニン色素は、紫外線を浴びることによって生成されてしまいます。
ビタミンCは、このメラニン色素の育成を抑制する働きがあるのです。
メラニン色素の育成が抑制されたら、しみとして出ることはないですよね。
また、ビタミンCには美白成分も含まれていますので、特に日焼け後のお肌に良いとされているのです。
そしてニキビの跡などの色素沈着などにも効果があるようです。
しかし、ビタミンCは皮膚に直接吸収されにくいという難点がありました。
近年の研究により、ビタミンC誘導体というもので、皮膚に吸収されやすいものが開発されました。

そのため、今まではビタミンCを主に服用していたのですが、
この誘導体によって皮膚からビタミンCを吸収出来るようになったのです。
皮膚科を受診すると、このビタミンC誘導体を使っているスキンケアをすすめられることもあり、
皮膚科医も注目している存在です。