実年齢よりも若く見られる為のスキンケアのポイントとは


実年齢よりも老けて見える原因は、大きく分けると2つ。

シワやたるみなど、いわゆる年齢肌と言われる肌の老化は

年齢を重ねるにつれて誰もが気になるところでしょう。

しかし、正しく入念にスキンケアを行っている方は、

年齢を感じさせない若々しい素肌をキープしている方もいらっしゃいます。

 

30代、40代、50代と年齢を重ねれば重ねるほど、

見た目年齢には大きく差が開いていきますので、

毎日のスキンケアはとっても大切です!

 

目じりの小じわや、ほうれい線のシワが深くなったり、

頬が垂れ下がってたるんできたり、老化を感じさせるポイントは割と限られてくると思いますが、

これらの原因は、主に2つ。

一つは、肌の乾燥。

二つ目は、筋肉の衰えです。

 

乾燥は、うるおい不足から肌の水分が少なくなることでしおれて来ます。

田畑も干上がると地割れしますよね。

年齢を重ねるとただでさえ肌の水分量が低下していきますので、

朝晩の入念な保湿ケアが大切になってきます。

 

そして、二つ目の筋肉の衰えです。

顔にも表情筋と呼ばれる筋肉があります。

加齢とともに筋肉も衰えて垂れ下がってきます。

フェイスマッサージや顔面の体操などで筋肉を持ち上げてあげる事も大切ですね。

シワが出来るからって笑わないようにしたり、動かさないのはダメですよ。

動かさないと筋肉は衰えますから。身体と同じです。

 

 

また、先にお伝えした一つ目の老化の原因であるうるおい不足。

実は、この潤い不足を解消するために見落としている方が非常に多い点として

クレンジングや洗顔料があげられます。

 

 

素肌に水分を閉じ込めてキープする為にはバリア機能を高める事も重要です。

角質層を覆う皮脂や油分をある一定量は残しておくことが必要なのです。

洗浄力の強い洗顔料で洗うと、一見キレイになったような感じがしますが、

皮脂や油分を取り過ぎてしまうと、水分をキープする膜がなくなってしまうので、

洗顔後に保湿してもすぐに水分が蒸発してしまって乾燥してしまうのです。

また、バリア機能が低下するとヒリヒリしたりカサカサしたり、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

洗い過ぎは良くないんです。

スキンケアの基本は与える事(保湿)よりも奪わない事(皮脂や油分)が大切です。

保湿は入念に行っているのに、乾燥肌で悩んでいるという方はもちろん、

20代の頃からケアしているけど最近手間をかけているだけの効果を実感できないとお感じの方も

まずは、クレンジングから見直してみては如何でしょう。

ナチュラルメイク派、ばっちりメイク派。
それぞれにおすすめの素肌の為の美容クレンジングはこちら


優しく洗ってしっかり保湿!

これが基本です。