水分量の低下が招くお肌の変化とは


お肌は年齢を重ねるとともに水分量が低下していきます。

お肌の水分が低下するということは、潤っていないということです。

お肌が乾燥するとシワやたるみの原因になりますし、

キメがなくなったり、化粧ノリが悪くなったりする一因ともなります。

また、乾燥した状態は代謝も落ちますので潤った状態を保っているときに比べ
ターンオーバーが正常に行われにくくなることも考えられます。

水を与えなければ草花が枯れてしまいます。
土だって干上がってしまうとひび割れしてしまいます。

素肌も同じように潤った状態でいることが大切ですから、

年齢を重ねると低下していく水分量に対して、しっかりと保湿してあげることが
ハリのある素肌をキープする為には必須と言えます。

また、保湿してもすぐに乾燥した状態になってしまう、慢性的な乾燥肌でお悩みの方もいらっしゃいますが、
そういう方は、是非洗顔やボディーソープ、それとシャンプーを含め
「洗う」という部分から見直してみると良いです。

お肌の変化

洗い過ぎは、皮脂や油分を落とし過ぎてしまいます。

お肌が潤った状態を長く維持する為には、水分の蒸発を出来るだけ防ぐ必要がある訳ですが、
その役割を果たすのが、肌表面の皮脂や油分です。

皮脂が多過ぎると毛穴が詰まる原因になってしまったり、何より衛生的ではありませんが、
お肌を守る、いわゆるバリア機能を果たす役目も担っていますので、
洗い過ぎないというのは肌トラブルの予防にも繋がります。

スキンケアで洗顔は大変重要視されています。
慢性的な乾燥肌でお悩みの方は、洗顔料から見直してみることもおすすめします。

素肌の優しい今おすすめのクレンジングはこちらを参考にしてみてください。