体調不良や食べ過ぎも化粧のりが悪い原因に


朝お化粧するときに、今日は化粧のりが悪いなぁと思ったことはありませんか。

いつもと同じケアをしていたのになぜだろうと疑問に感じたという思いをした方も少なくないはず。

 

きちんと洗顔してお化粧もしっかり落としているし、
洗顔後の保湿もばっちりだし、コラーゲンなどのサプリメントも摂取しているし、
なのになぜ化粧のりが悪いんだろう・・・。

誰しも1度や2度はそういう経験があると思います。


肌に気を使い、ケアしているつもりでも見落としがちな部分があります。

それは、体調不良や食生活や仕事、日常生活からくるストレスなどの健康状態もお肌の調子を左右します。
残業や夜更かしで十分な睡眠がとれないと、体調不良になりやすいですよね。


お肌が再生されるのは22時から夜中の2時と言われていますが、
その間に寝ていない生活が続くと、肌の調子が悪くなってしまう恐れがあります。

また、暴飲暴食も化粧のりを悪くさせます。
お酒を飲み過ぎたり甘い物を食べ過ぎると、ニキビや吹き出物が出来たりしませんか。

栄養バランスが偏ったり崩れてしまうため、肌の調子が悪くなってしまうのです。

ですから栄養バランスの良い食生活を心がけたいですね。

お肌の調子を崩し化粧のりが悪いままでいると、肌トラブルを誘発してしまいかねませんから、
お肌の健康の為にも心と身体の健康にも心がけたいものです。

化粧のりが悪いなぁと感じたら、肌トラブルになる前に、前日までの生活を振り返ってみてください。
きっと解決策が見つかるでしょう。

結局、身体は全て繋がっていますからお肌も身体も綺麗で過ごしたいですよね。