隠れ乾燥肌、インナードライに注意。


自分の肌質が脂性肌や普通肌だから、自分は乾燥肌ではないと思っている人の中に、 隠れ乾燥肌の人がいます。

あぶらぎってるから絶対乾燥肌ではないと思っている人もいるでしょう。

実は油分が多くても水分が不足している人を、隠れ乾燥肌、インナードライと言います。

その名の通り、中が乾燥していて、外がオイリーな状態のこと言います。

インナードライの状態で、毛穴がつまったり汚れたままにしておくと、 にきびやしみなどの原因になることがあります。

そして水分が不足しているので、しわの原因にもなり、 きちんとお手入れをしないと肌トラブルにつながってしまうのです。

まず自分のお肌の状態を確認し、インナードライだと分かったら予防が必要です。

保水力の高い化粧水を選び、油分の少ない乳液やクリームを使うと良いでしょう。

インナードライのタイプの人は油分はあるのであまりべたつかないものがおすすめです。

肌に合った基礎化粧品を使うと、しみやしわなどの予防にもつながります。

また、対策としては、洗顔時にごしごしこすりすぎないこど、 洗顔石鹸の泡を十分に泡立てて優しくしっかり汚れを落とすこと、

化粧水や乳液は手に取ってあたためてから使用するとお肌に浸透しやすいので 十分にあたためて肌に浸透させることに注意してみましょう。

普段やっていることにちょっと手間をかけてあげればインナードライも改善していきます。

面倒だと思わずに毎日コツコツ頑張るのが肌質改善につながります。